行政書士実務行政書士開業|成功の可能性を最大化する技術と知識のすべて行政書士開業ブログ

行政書士とストックビジネス|事実にあえて目を背ける

unnamedy1u14swf

行政書士は”ほかの士業に比べてストック型ではないから儲からない”といわれています。

弁護士であれば企業顧問、社労士であれば社会保険の手続き、税理士や会計士であれば税務顧問という形で会社と付き合い、ひと月いくらという料金体系で報酬をいただくことができます。

ところが行政書士はいまのところストック型のビジネスで目立ったものがなく、「行政書士=許認可の取得の一回きりのビジネス」という風潮があると思います。

そのため第一線で活躍する行政書士の先生方の中にもストック型の顧客を抱えていることを強調する傾向にありますし、イメージもいいように感じます。

ただし、私はいまのところ行政書士がストック型のビジネスにこだわるのは効率が悪いと思っていますし、単発型のビジネスで全く問題ないと思っています。

もっと言えばストック型の士業ビジネスをよく思っていませんし、フロービジネスもやり方次第で安定化はできると思っているので、そのご紹介です。

 

ストックビジネスと行政書士

行政書士のストックビジネスとは?

では、行政書士のストックビジネスとはどのようなものかを検討してみましょう。

一番わかりやすいのは記帳会計です。許認可でスタートアップを担当し、その後に記帳会計で毎月一定の金額をいただくというものです。

また、わたくしも以前はお願いされていたのですが、法務顧問という形で毎月何回か会議に顔を出し、運営に違法性がないかなどのチェックをする予防法務の顧問業務もあります。

最近の企業経営はコンプライアンスの気風が高いので特に起業したてのころにお願いされることは多いかもしれません。

 

建設業許可はストックビジネスか?

よく、建設業許可は毎年の決算後の変更届があるからストックビジネスだといわれますが、私は(どちらでもいいのですが)建設業許可もフロービジネスだと思っています。

たとえば建設業許可を取得する際に「許可取得後5年間は変更届は当事務所でやらなければならない」ということだったらストックビジネスかもしれませんが、その縛りがなければフロービジネスの連続だととらえるのが普通でしょう。

もちろん建設業許可をストックビジネスととらえることには異論はありません。ほとんどのクライアントは許可取得後の変更届を同じ事務所に依頼すると思うので、これはとらえ方の問題だと思います。

ただし、ストック型だとはいってもいいとこ一年に1~2回の固定収入なので、他士業の顧問業務とは比較にならないかもしれません。

このとらえ方から見れば当事務所が手掛けている特殊車両通行許可も許可期間が1~2年と短いためストック型といえるでしょう。

 

顧問業務は、本当に喜ばれているか?

これは私の個人的な意見なので一つの考えとしてとらえてほしいのですが、私がなぜ顧問業務をやりたくないかは自分の経験に基づいています。

私は以前飲食店を経営していて、そこに会計事務所を入れていたのですが、大変に失礼ですが「毎月たいした仕事もしていないでひと月5万円なんて高いなあ」が本音でした。

今は士業の内側もわかりますからもっと言えちゃいますが、ストック型の顧問業務は喉から手が出るほどほしい契約です。

なぜ喉から手が出るほどほしいかといえば当然儲かるからで、儲かるということはクライアントから見れば「高いと思うけど仕方ないから払っている」ということでしょう。

創業融資や会社設立を無料でやって、そのかわり2年間の税務顧問を抱き合わせる手法がありますが、アレなんかは「喉から手が出るほどほしい顧問業務」を如実に表しています。

 

行政書士とストック収入

ストックビジネスは、スタートアップはフロービジネスに劣りますが、顧客数が増えれば安定性は抜群ですし、収入の予測がしやすいのでこだわりたい気持ちもわかります。

ただし、前述のように今のところ行政書士は目立ったストックビジネスがないのが現状です。つまり行政書士とストック収入はなじみにくいのです。

そのため「行政書士でもストック型にこだわる!」とおもって実行しても逆流の中を泳ぐことになりますのでそれでは形にはなりにくいと思います。

それであればフロー型に特化して、ストック収入はあわよくばくらいに考えているほうが健康かもしれません。

 

ストック型の収入はいっそのこと考えない

ストック収入と行政書士が折り合いが悪いのは事実です。では、まったくストック型の収入がないかというと、そうではないと思います。

実際に実務を重ねるとわかりますが、風営法であれば一店舗目を成功させた人が数年のうちに3店舗開業したなんてことはザラにあります。

また、特車やドローンであればクライアントからの紹介も多く、そこからさらにご紹介ということも少なくありません。

目に見えづらいから「行政書士はフロー型だからビジネスになりにくい」という論調は机上の理論だと僕は思っています。

一つ一つが売り切りなのは事実ですが、しっかりとクライアントと向き合って得た信頼は決してそれっきりではなく、どこかで再度の依頼を生むものです。

結局は目の前のクライアントの悩みは何なのか、何が希望なのか、そしてそれを直接的に解決しているのかを察知して形にするというCSを追求すればそれがストック型ととらえることもできます。

いろいろな意見はあると思いますが、目の前のクライアントに全力で向き合えばストックとかフローとか考えなくてもいいと思いますし、それが行政書士の魅力だと思いますが、きれいごとですかねえ・・・。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る