ライティングワードプレス行政書士のホームページ行政書士開業|成功の可能性を最大化する技術と知識のすべて行政書士開業ブログ

一つの「良質な」コンテンツの量は何文字がめやすか?

このサイトで「これからのウェブ集客はコンテンツSEO」と口を酸っぱくして言い続けています。もちろんコンテンツはただ作ればいいわけではなくて、きちんとユーザーに読み込まれるものでなくてはなりません。

ユーザーに読み込まれると、サイト滞在時間が増えますのでそれだけサイトの評価が高まり、SEOに好影響を与えます。

 

ただ、いかに良質なコンテンツといえども長ければいいかというと、私はある程度の限界があると考えています。

今回はその1コンテンツの最適な量をご紹介します。

理想的なコンテンツの文字数

少ないとサイトロイヤリティを構築しにくい

たとえば検索した時のキャッチコピーが素晴らしくてクリックしたけど、開いてみたら数行のくだらない日記みたいなページだとしたら、ユーザーはすぐに別のサイトに行きます。そして二度とそのサイトには来ません。

感情に任せて中身のないペラ記事を書きたい気持ちはわかりますが、ユーザーは正直なのでどんどんグーグルの評価が下がります。

ユーザーからすれば「読んでよかった。クリックしてよかった」と思えるサイトは実は数少ないかもしれませんが、その数少ないコンテンツによってユーザーの抱えている悩みが解決したのであればロイヤリティが上がります。

文字数が少なすぎるとどうしても問題解決までには至らず、その結果サイトロイヤリティはさがるのです。

 

多すぎると最後まで読む気がなくなる

逆に、文字数が多すぎると、ユーザーが最後まで読むまでに疲れてしまい、論点も絞り切れずに結局サイトロイヤリティを下げてしまいます。「あのサイトは疲れる」となってしまうのです。

実は開業部も最初のころは一記事5000文字オーバーのものばかりを書いていた時がありました。これはこれで好きなのですが、それであれば論点ごとに別ページにしたほうがSEO的にも効果的だと今は思っています。

 

一ページの論点は、一つに絞る

もちろん、テーマが「行政書士の開業について論ぜよ」であれば総論から各論までそれこそ何万文字あっても足りないかもしれませんが、そうであれば書籍化してきちんと購入してもらい、じっくり読んでもらうのに適しています。

ウェブライティングはテレビやラジオのように一方的に情報をゴリゴリ押す広告手法ではなくて、ユーザーが好きな情報を選べるところに特徴があります。

・情報量がすくな過ぎて物足りない

・情報量が多すぎて疲れる

・専門用語が多くて読むことに努力を要求している

このような場合はほかのサイトに流れてしまいます。

そのため小さな論点で構わないので一つに絞り、他の論点はほかのページに書いたほうが効果的です。

 

では、何文字が効果的か?

今回の記事はどのように感じましたでしょうか?少なすぎましたか?多すぎましたか?

この記事は1191文字です。私は大体一つの記事を1000字~1200字におさえるようにしていますが、行政書士は普段から文字に親しみがあると思いますのでユーザー層によってはもっと少ないほうがいいかもしれません。

 


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。