行政書士実務行政書士開業|成功の可能性を最大化する技術と知識のすべて行政書士開業ブログ

行政書士の開業セミナーの現実

unnamedmmxgsd2m

私は行政書士開業セミナーというものに行ったことがありません。

セミナーではありませんが集まりそのものは、行政書士会の強制参加の講習会を年に数回うける程度です。

実務講習会であればまだわかるのですが、もっとぼんやりとした”成功”を目標とした開業セミナーにはあまりいい印象がありません。

行政書士は成功する人とそうでない人の差が激しいので行政書士開業セミナーというものに需要があるのはわかります。

しかし、これは私個人の考えですが、はっきり言って開業セミナーは何の役にも立たないと思っていますし、セミナーに参加してもしなくても成功する人はしますし成功しない人はしないと考えています。

 

これは例えですが、証券アナリストの言うとおりに投資していたら誰でも成功できるのであれば世の中大金持ちだらけですが、現実はそうではありません。

開業セミナーを受けた人からじゃんじゃん成功者が出ればいいかもしれませんが、もしそうであれば「行政書士は食えない」という論調はなくなるはずでしょう。

では、現実はどうでしょうか。

今回は、ここを検討してみましょう。

 

行政書士の開業セミナー

なぜ開業セミナーをよく思わないか

前述のとおり、私は開業セミナーというものに対していい印象がありません。

講師を依頼されたこともありますが、自分が同じフィールドに立っていると思われるのが嫌なので基本的に断っています。

セミナーは主催者からすればいい商売ですし、仮に無料セミナーであったとしてもそれはフロントで実際には売り込みたい本丸があるものです。

その下心を隠しながら参加者の不安や射幸心に付け入るビジネスモデルが私と合わないのです。

また、参加者のほとんどが成功するのであればそれは素晴らしいセミナーだとは思います。

しかし現実はセミナーに参加してもほんの一握りの人しか成功していません。

 

「たかだか何千円のセミナーを受けて全員が成功すると思うなよ」

おそらくセミナーの主催者にはこういう意見もあるかもしれません。

しかし、それであれば「このセミナーを受けても成功する確率は1%です」くらいうたうべきでしょう。

行政書士で独立開業するのは本質的に孤独です。

それを「みんなで頑張ろう」とはぐらかし、現実の厳しさから目をそらしたいという開業者の弱い心理を利用したビジネスだという見方もできます。

意地悪ではありますが、こういう意見もあるという器量も必要です。

 

コンサルとの違い

ここでおそらく私にも矛盾を感じる人もいるかもしれません。

私もSEOを主軸とした開業コンサルタントの依頼を受けているのです。

しかし、セミナーと違って基本は1対1で教えますし、それこそ血肉になるまで新人行政書士に情熱を注ぎます。

確かに私のコンサルタントは高額ですが、それ以上のリターンを必ずもたらしていますし、なかには開業初期より大成功する先生もいます。

「私はこれだけの情熱とノウハウをお伝えします。そのかわり高額ですし、私の言うとおりに努力しなければ成功できません」

ここまでを理解できる人にしかコンサルタントを受けられませんし、それだけの責任感を持って取り組んでいます。

やや言い訳がましくなりますが、これが私の考える射幸心セミナーと私のコンサルタントの違いです。

 

 

開業セミナーが役に立たない理由①すでに情報はウェブ上に出ている

開業セミナーに参加した人が私のところに相談に来てびっくりしたことを言っていました。

開業セミナーのほとんどは精神論で、具体的にどうやって集客するかはほとんど触れられていないということです。

開業して一番大事なのは精神論だということは私も同意見ですが、そんなものはあらゆるサイトで出ています。

それをセミナーで聞くか、あるいはウェブ上で見るかの違いだけです。

確かに生身の声を聴くということで琴線に触れることはあるかもしれません。

しかし本気で成功したいんだと考えている人は生身の声でもウェブ上の文言でも動かされる人は動かされるし、動かされない人は動かされません。

また、どうやって集客するかに関しては、

①ウェブ集客

②どぶ板営業

③飛び込み客

④紹介客

のどれかしかありません。

これに関しても営業のハウツーの本とかは既に何冊も出版されていますし、今更新しいノウハウも何もないというのが現状でしょう。

 

開業セミナーが役に立たない理由②本当に大事なことはセミナーでは絶対に教えない

私はこのサイトでウェブ集客に関してのノウハウを提供していますが、技術上の本当に大事なことは絶対に教えません。

「なんだ、結局おまえも出し惜しみするのか」と思われると思いますが、このサイトで紹介したことを実践するだけでも劇的に効果が上がるものなので決して惰眠サイトではありません。

何が言いたいかというと、本当に大事なことは無料セミナーとか一回のセミナー報酬が数万円のもので一番コアなことを教えるお人よしはいないということです。

 

これは身もふたもないのですが、2016年にドローンサイトをローンチしましたが、ローンチしてすぐに「これは絶対に成功する」という確信が持てました。

その段階で「ドローンは絶対に成功するからみんなで頑張りましょう」なんてことをこのサイトで開陳するほど私はお人よしではありません。

セミナーの講師も同様です。絶対に成功するのであれば自分でやってしまいますから。

 

セミナーは開業したての不安を逆手に取ったビジネスである、という見方もできるのです。

 

開業セミナーが役に立たない理由③傷のなめあいになる

また、開業セミナーだとこれから開業しようとする人とか開業したての人とかの同じような立場の人とおおく知り合うことになり、それで満足してしまうことが多いのす。

もちろん参加者も大なり小なりそのあたりはわかっています。開業したてのひとと仲良くしても大してメリットはないことを。

しかし、いざ実際に開業してみると孤独に耐えきれずに徒党を組んでしまうのです。

意地悪な言い方になりますが、セミナーで知り合った人たちも誰しも先を行きたいと思っているものです。

その結果、結局サラリーマンと同様の残酷な人生ゲームの台に載せられるだけなのです。

 

 

まとめ・・・書士会の実務セミナーで十分

本気で実務を覚えたいのであれば自分で受任して先輩にお金を払って教えてもらったり、あるいは書士会のセミナーで覚えることで十分にできるようになります。

また、それこそ朝一で行けば行政庁の担当官も親切に教えてくれるものです。

自分は必死でこの許可を取ろうとしているんだという意気込みをもって、相手の目を見てはっきりといえば誰だって心動かされるものです。

それで相手が動かないのであれば、その担当官の怠慢か、あるいはあなたに意気込みを他者に伝える器量がないととらえるほうが建設的でしょう。

 

行政書士は新人が多く、それだけ不安な人が多いのでセミナービジネスも成立しやすい素地があります。

もちろん中には素晴らしいセミナーもあるかもしれません。

セミナーに参加して大成功を収めた人もいるかもしれません。

しかし、ここで紹介した程度の考えも頭の片隅にあったほうがより冷静になれるのではないでしょうか。

ご参考ください。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る