お知らせ行政書士開業ブログ開業部の歩み

続サイトリニューアル・・・

前回のエントリーで風営法サイトをリニューアルし、その前に開業部のサイトをリニューアルしたのですが、がんばってアップした後に恥ずかしいミスをしたことに気づきました。

CSSを使ってPCとスマホで見た目を変えたりいろいろやったのですが、そうすることでデバイスごとの設定がめちゃめちゃで、現状すべてをカバーしきれていないことがわかったのです。

 

サイトリニューアルの大変さ

欲に負けた行政書士・・・

ここ最近、CSSの勉強にはまってしまっていました。

常々「行政書士のサイトは見栄えじゃなくて中身だ」といい続けていますし、今でもそう思っているのですが、やはり完成度は高ければ高いほうがいいのは事実でしょう。

同じコンテンツ内容であれば見た目がいいほうにユーザーは流れますし、それが自然な形だと思います。

現状の僕のサイト運営は、見た目に関してもある程度は保っているかと思いますが、どうせCSSを勉強するんだったらエンジニアレベルのやつをやってやろうと色気を出してしまったのです。

僕は人生は欲との戦いだとおもっていまして、今回に関して言えば「見た目をよくして手っ取り早く目立ってやろう」という欲に負けたわけです。

 

デバイスごとの対応

CSSを少し勉強するとメディアクエリーといって、解像度ごとに条件分岐をして表示を使い分けることができるようになります。

当たり前ですがPCは横長で、スマホは縦長です。これに対応をさせるのがCSSの技術なのです。

さらに、PCでの画像とスマホでの画像では視覚的にやや違いが出てきます。

PCでは画面が大きいので全体像がわかるような画像がいいかもしれませんが、スマホで同じ画像を使うと小さすぎてよくわからないということもあります。

そのためスマホでは詳細で部分的な画像のほうが適しているということが言えるかと思います。

もちろん、デバイスごとのシェアはスマホがプライオリティなので自然とモバイルファーストのサイト構成になるのです。

 

現実的なデバイスごとの対応

デバイスごとに見せ方を変えるのはモバイルファーストの現状では当然の帰結でしょう。

しかし、ではPCとモバイルで見せ方を変えても、当然デバイスはこれだけではないことに気づきます。

デバイスは単純にタブレットもありますし、ガラケーもありますし、スマホであっても横にしてみる人もいます。

これらすべてに対応をさせるのは現実的ではありませんし、さすがにそこまでやってられません。

また、スマホの技術の進化も当然既定路線なので今後どのような解像度のモバイルが出回るかも想像つきません。

そうなるとデザインとしては「凝りすぎてデバイスによっては崩れてしまう」よりも「程よく凝り、すべてのデバイスに対応する」がベストでしょう。

 

開業部のリニューアル

僕の事務所は風営法、ドローン、特車の三つがメイン業務なのですが、特車は目立ったライバルサイトがなく、現状でも十分です。

それに比べると風営法とドローンはポールポジションを狙うサイトがわんさかあります。

ドローンに関しては行政書士だけではなく、ドローン全般を扱うサイトもライバルになりますが、これがまた強力なのです。

そのため、リニューアルの順番は風営法→ドローンでまずはひと段落し、開業部と続きます。

開業部はコンサルタントがエグジットではありますが、半分趣味です。

もともとSEOを勉強した備忘録で始めたサイトなのですが、その経緯からWEBの技術はまずここで反映させることが一つのパターンになっています。

 

海外製のテーマ

今回のリニューアルは、海外のテーマをカスタマイズして使っています。

もともとビズベクトルかセオリーを使っていました。

ただ、二つとも優秀なのでその分採用される率が高く、できれば次はあまり見当たらないテーマを使おうと思っていました。

このテーマも気に入っていますが、日本製ではないので当たり前ですがカスタマイズは3倍大変です。

PCで見たときの全画面表示のインパクトが強く、コーポレートサイトとしてはどうかと思いましたが、しばらくこのままでいこうと思います。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る