マーケティングワードプレス行政書士実務行政書士開業ブログ

行政書士のウェブ集客|ホームページは何個運営するのがいいか

行政書士が本気でウェブ集客を考えた場合によくある質問が「何個のホームページを運営すればいいのか」というものです。

ウェブ集客で成功している先生方は何個もホームページを運営していますし、一つ一つがしっかり作りこまれていることが多いです。

私は風営法だけで5個運営しているので5個といいたいところですが、2つはペラサイトで、しっかり作りこんだサイトは3つなので3つでも大丈夫でしょう。

 

行政書士のブログ|独自ドメインか大手無料サービスかを選択するポイント

行政書士のホームページ|検索上位になる記事をどう執筆するか?

サイトを複数運営するときのポイント

業務の中で細分化する

あなたが本気でその業務で地域一番になりたいのであれば、業務ごとに1サイトというのはすでに時代遅れです。

たとえば古物商であればリサイクルショップ開業やブランド買取サイト、自動車買取サイトなど、古物商の中でもさらに細分化してサイトを設けたほうがユーザーは信頼を置くと思います。

ただ、あまりにもニッチ過ぎるのであればサイトを作るのがいやになってしまうと思います。業務の中でも大きな需要のあるものに絞って2~3あれば十分だと思います。

地域を分ける

さらに、東京都港区であれば東京都向けのサイト、港区向けのサイトがあってもいいと思いますし、そのほうが事務所に近い案件を多く獲得できると思います。

 

1サイトのコンテンツはどれくらいの量が必要か?

これはほかの競合サイトとの相対的な問題になると思います。

たとえば東京都 建設業許可だとデザインもコンテンツもしっかり作りこまれたサイトが上位にじゃんじゃん出てくるのでそれらのサイト以上のサイトを作らないと上位には表示されません。

逆にニッチな業務だったり地域であれば5ページ程度のペラサイトでも上位表示されてしまいます。ただ、その場合は需要もないと思いますけど・・・。

 

自分でドメインを取るか、サイト作成代行業者に頼むか?

たとえばあきばれホームページさんのように、サイト作成を枠組みだけやってコンテンツは先生方に、というスタンスの業者に頼むと、ページランクが高いサイトからの被リンクが張られていることが多いので早い段階で上位表示がされやすくなります。

しかし、このページの趣旨から行くと、たとえば5個のサイトを運営すれば1サイト5000円だとしてもそれなりの金額になってしまいます。

また、ハミングバード以降、私は被リンクはSEOにはたいして意味がないと考えています。4か月もすればきちんと上位表示されるようになるので費用対効果を考えれば自分でドメインを取ってワードプレスでサイトを作ったほうがいいでしょう。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。