行政書士開業ブログ

行政書士の開業に年齢は本当に関係ない?

unnamed (1)

行政書士は試験にさえ受かればだれでもいつでも開業できます。

そのため大学時代に試験に受かったけど開業は30代後半でしたということも多いですし、そうであっても何の問題もありません。

このサイトの傾向から言えば「開業に年齢は関係ない。年齢よりもやる気やその手段のほうがよほど大事だ」ということになりますが、現実的にはやはり年齢は重要なファクターであることには変わりありません。

 

 

行政書士開業に最適な年齢とは?

理性で言えば「年齢は関係ない」というスタンスのほうが耳障りはいいかもしれません。

また、実際に成功されている先生の年齢はまばらなので年齢は関係ないという理屈は当たっていると思います。

僕自身も物事を始めるのに年齢は関係ないと思っていますし、単純に相対的な問題だとも思います。

定年退職後に開業して成功するひともいるでしょうし、若いから有利かといえばそうではないのも事実です。

そのうえで、年齢の問題は誰にでも平等ですので時の経過による一定の傾向というものは存在します。

「開業に年齢は関係ない」と言い切ってしまえば簡単かもしれませんが、もう少し深く検討してみましょう。

 

年齢を重ねることによるメリット

多くの行政書士は社会人として経験を積んで開業する人が多く、その結果30代と40代が圧倒的です。

仮になんの社会経験もなくいきなり開業してもなんとなく説得力に欠けるし、学生時代の勉強だけだと頭でっかちになりがちなのは当たっていると思います。

社会人で経験を積めば依頼人の思いや辛さや喜びに共感できる力が養われたり、若いうちには持ちづらい落ち着きも自然と出てくるものです。

これらは開業する前に年齢を重ねるメリットと言えるでしょう。

仮に学生時代に試験に受かったとしても、いきなり社会人経験もなく開業するのはたぶん僕もお勧めはしないと思います。

少なくても3年くらいは社会人として経験を積んでから開業しても遅くないとアドバイスをするでしょう。

 

年齢を重ねることのデメリット

では、年齢を重ねることのデメリットはどのようなものでしょうか。

残酷ですが一番は他者からの先入観でしょう。

依頼人としてはあまりにも年の離れすぎた行政書士よりも適度に近い行政書士のほうが頼みやすいものです。

特にリタイア後に開業を考えている場合、依頼人の本音としてはなんとなくのんびりやられてしまいそうな気になるのが人情でしょう。

おなじ行政書士の業界内であったとしても、業務や集客でわからないことがあっても年上だと教えづらいでしょうし、心を開くまでに時間がかかるかもしれません。

「そんなことはない。開業するからには初心に戻って頑張るつもりだ」と思う人はいるかもしれません。

もちろんその気持ちはいくつになっても大事ですが、他者の先入観を考慮することを怠ると空回りに終わる可能性が高いでしょう。

 

年齢とともに失う素直さ

僕は行政書士の開業に素直さは一番大事だと思っています。

行政書士に限らず、素直に他人の意見を聞くことができるのはどのビジネスにおいても成功する第一条件ではないでしょうか。

この素直さとは単純に何でもかんでも他人の意見をうのみにするのではなく、まずは他人の意見を受け入れ、そのうえで自分の考えと調整をするということです。

自分とは異なる考えや面白くない意見であってもとりあえず「こういう考えもあるんだ」と受け入れる姿勢が持てる人は自然と応援したくなるものです。

そしてこの「素直さ」は年齢とともに少なくなっていくものであることはあなたもわかっているのではないでしょうか。

自分よりも年齢の若い人や劣っている人、立場が低い人の意見を聞けない人は多いものです。

ただしこういう意見の中に重要なヒントやチャンスが隠されていることが多いのも事実です。

 

”正しいもの以外は間違い”というスタンス

成功体験があるとどうしてもそれに固執してしまい、それが重なると自分が正しいと思っているもの以外は間違っているというスタンスを持ちやすくなるものです。

社会人生活を続けると大なり小なり成功体験があるでしょうし、正しい正しくないの分別もはっきりしてきます。

これをメリットととらえることもできますが、諸刃の剣でメリットだけではありません。

自分の信念を持つというと「ブレない」「芯がある」という見方もできますが、開業するからにはすでに成功した人のやり方をまずは真似てみるというスタンスも大事になってきます。

中には自分の中で受け入れがたい成功の仕方をしている人もいるかもしれませんが、それを頭ごなしに間違いとしてしまうと成功は遠のいてしまいます。

 

30代、40代がなぜ開業に向いているか

多くの開業者は30代や40代に集中していますが、これは前述した他者からの先入観や開業する人の内的要因からおのずと決まってくるのだと思います。

20代だとクライアントから「こんなに若くて大丈夫かなあ」と思われるし、逆に50代以降だと「のんびりやられないかなあ」と思われるかもしれません。

その中間が30代と40代なのでしょう。

このゾーンは素直さも持ちやすいし、社会人経験も十分につんでいるものです。行政書士としても一番”絵”になりやすいのでしょう。

 

まとめ やっぱり年齢は関係ない

逆説的に言えば、これらの年齢による他者からの先入観や内的要因をクリアーできれば年齢は関係ないということも言えます。

年齢が高すぎるように感じれば身だしなみをさっぱりさせて元気の良い対応を心掛けたり、若すぎると思えば落ち着いた姿勢を見せるなどの工夫はできるでしょう。

信頼のできる友人などに自分の印象を正直に聞かせてもらい、それを考慮することでもだいぶ違ってくると思います。

30代40代で開業するひとが多いのは、たまたま目立ちやすいからであって、成功する人はいくつでも成功しますし、失敗する人はいくつになっても失敗するものです。

そういう意味では、やはり行政書士の開業に年齢は関係はないと思います。

 

ここまで検討すれば「行政書士の開業に年齢は関係ない」と言えますが、見出しでいきなりうたうサイトもよくみかけます。

それらのサイトを見て”ひよこ狩りのセミナー狙いかアフィリエイト狙いの射幸心サイトだ”とは思っていても口には出しませんが、あなたがみみざわりのいいキャッチコピーに踊らされているのであれば先が思いやられます。

もちろん中にはまともなサイトもあるかもしれませんが、お金を払ってセミナーを受ければ誰でも成功できるのであれば成功者だらけになってしまいます。

行政書士の開業は成功者だらけでないのですから、どこかに矛盾があると考えるのが普通だと思いますが、こんな僕は素直じゃない?


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る