行政書士実務行政書士開業|成功の可能性を最大化する技術と知識のすべて行政書士開業ブログ

新人行政書士が開業して食っていけるようになるまでのメンタル

unnamed

新人の行政書士が開業して考えることは「まずは最低でも開業する前くらいは稼ぐ」ではないでしょうか。

中には開業する前の収入の何倍も目標にしている人もいるかもしれませんが、それは結果論で”まずは食えるようになる”が一つの目安です。

ただし、実際には新人行政書士の中にはなかなかマネタイズができずに「いつになったら食えるようになるんだ」と真っ暗なトンネルの中にいるような気分のひとも多いです。

コネがある、大手事務所に勤務していた、すでにほかの事業で実績があるなどの特殊なケースを除いて半年たっても売り上げがほとんどないのは決して珍しくはありません。

行政書士で目立っている人はやはり稼いでいる人ですからそれらを参考にすることは仕方がありません。

ただし、(もちろん目標を高く持つことはいいことなのですが)あまり期待値をあげると現実とのギャップに悩むことになります。

 

新人行政書士が食っていくまで

マネタイズまでの段階

簡単に「食っていく」と書きましたが、食っていくというレベルは売り上げにしたら結構な数字です。

自宅開業でも30万円はないと経費を考えれば生活が成り立たないでしょう。事務所を借りていればさらに10万円は必要でしょう。

では、30万円とか40万円とかをどうやって稼ぐのかがはっきりイメージできていますでしょうか?

ほとんどの人はまあ何とかなるだろうとか、高い案件をこなせば一件でペイできるとかの考えのパターンが多いです。

ところがこれを第一段階ととらえているのは危険です。

マネタイズまでにはいくつも段階があり、本来であればマネタイズまでの段階を目標にするべきだからです。

 

問い合わせの電話に集中しよう

とりあえず食っていくという金額を30~40万円と紹介しました。

ただし、前述しましたがこれだけの金額をマネタイズするのはそれなりの段階が必要です。

マネタイズのためにはまずはクライアントから信頼されなければなりません。

特に依頼を考えている人は用心深いのでマネタイズまでには何個も段階を設けて信頼することになります。

その段階の一つ目がサイトの内容ですが、次のヤマは問い合わせの電話です。

 

マネタイズが遠い新人の多くのパターンはこの段階の「問い合わせの電話はあるけど依頼につながらない」でしょう。

些細な事なのでここに着眼できている人は少ないはずです。

 

なぜ依頼につながらないのか

正直な話、新人行政書士が10万円売り上げるのは大変です。

かりに建設業許可の新規が10万円だったとしても、依頼する側からすれば人生がかかっているので少しでも不安がある場合はほかの事務所に依頼します。

新人の行政書士だと細かい質問にスムーズに答えられず、自信のなさがバレてしまうのです。

にもかかわらず電話対応に着眼できない場合、いつまでたっても機会損失が続くのです。

・電話は3コール以内に出る

・元気よく、はきはき答える

・想定される質問には必ず即答できるようにしておく

・ビジネス会話を心掛ける

・声色を考える(落ち着いて低い声で、相手の話をよく聞き、要点をおさえて標準語で話す)

これらのことはすでにある程度売り上げのある行政書士であれば当たり前のことなのですが、できていない新人は多いです。

厳しい意見ですが、多くの新人はプロとして評価される側だという意識が乏しく、これではクライアントは人生を預ける気になりません。

問い合わせはあるけど依頼につながらない新人は、まずはその前の小さな段階を目標にしてはいかがでしょうか。

 

パニックに気を付けよう

また、新人に多いのが問い合わせに振り回されたり、依頼につながらずに焦ってしまい、パニックになることです。

そうなると自分で何をするべきかがわからなくなってしまい、無駄な時間をだらだら過ごしたり、知り合いに愚痴や不安を話して仕事をした気になってしまうのです。

実際に一日を振り返ってやったことを数えだすと一つとか二つしか解決していないこともあるでしょう。

これから同時に何件もこなさなくてはならないのにも関わらずこのままの状態では先が思いやられます。

ドキッとした人は落ち着いて今日は何を解決したかを思い返してみましょう。

 

品質に気を抜かない

行政書士は同じ商品を安く多く売る仕事ではありません。

そのため品質の高さは常に追求するべきであって、気を抜く理由はどこにもありません。

開業部式であればコンテンツの内容だったり、記事の更新頻度も大事です。

同業の外野は絶えず「どんなもんだ」とみていますから、サイトの更新が途絶えると「もう息切れか」と思うでしょう。

なんて意地悪な、と思うかもしれませんが、現実は厳しいのです。

クライアントからすればもしほんの一部の低品質なサイトコンテンツや電話対応があればそれがすべてだと判断します。

低品質なのはほんの一部なのに全部がダメなホームページ、ダメな対応、ダメな事務所と判断される可能性があるのです。

品質を保つというのは実際には日々の地道な積み重ねなのですが、結局はその積み重ねが数年後に事務所の評価になることが多いです。

 

半年は歯を食いしばろう

なかなかマネタイズができない新人には厳しい現実ですが、あなたを変えるのはあなたしかいません。

学歴や経歴で成功した人はつまらないプライドとかそれまでの人生経験が邪魔しているかもしれません。

いままで目立った成功体験がなかったという人であれば、ひょっとしたら大きなものに目が行き過ぎている可能性があります。

これらの場合は、まずは小さな成功体験に目を向けてみてはいかがでしょうか。

いきなりマネタイズといわなくても問い合わせで前回よりもいい対応ができた、サイトのPVが上がった、品質の高い記事が投稿できたなども立派な成功体験です。

そのうえで、やはり半年は目立った結果が出ずに歯を食いしばる期間があるかもしれません。

生活ができないのであれば夜間のアルバイトをしたり、不安な日々を過ごすこともあるでしょう。

 

まとめ

今回は「飯を食う」にスポットを当ててご紹介しましたが、結構厳しいことを書いたかもしれません。

半年という期間を一つの判断のめやすにしましたが、実際には半年というのは本人にしてみればかなり厳しく長い期間といえます。

ただし、これをチャンスととらえてサイトをしっかり運営し、顧客対応にも気を配ることのトレーニング期間ととらえることもできます。

しっかりと品質の高いサイト運営と的確な広告、顧客対応ができれば30~40万円の売り上げは難しくはありません。

逆に1年たっても結果が伴わないのであれば、頑張り方が間違っているのかもしれません。

頑張りの量かもしれませんし、質かもしれませんし、方向性かもしれません。

 

 
追記

新人行政書士と話すことが多いのか、定期的にこの手の記事を書いています。

そういえば2015年9月にこんな記事を書いていました

新人行政書士の努力や根性が報われるまでの期間

合わせてご参考ください。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る