上田貴俊の開業ブログ行政書士開業|成功の可能性を最大化する技術と知識のすべて行政書士開業ブログ

行政書士開業部マニュアルを使うコネなし新人のブログ①

はじめまして。2014年度行政書士試験合格者の上田貴俊です。

本日からこの開業部で公開されているノウハウに沿って今年の6月に開業するべく試験合格から開業日までの記録を約5回に分けて公開しようと思います。必然的にこの記事は、これから開業を考えている人や行政書士になろうと考えている人向けの記事になります。

その前にまず私の簡単な自己紹介と管理人との関係性を紹介します。
管理人は2014年まで飲食店を経営していました。私はその飲食店に2010年からアルバイトで雇われつつ、世間で言うモラトリアム期間を昨年まで謳歌していました。管理人は私の数少ない人生の指導者であり、恩人であり今では5年の付き合いになります。

次に私のプロフィールです。

年齢:28歳
学歴:1年間の浪人を経て、青山学院大学経営学部卒業
前職:フリーター
勉強期間:独学で8ヶ月

 

このプロフィールを見てみなさんはどういう感想を持つでしょうか。なんだ遊んでいたまぁまぁ頭の良い奴が短期間で合格した自慢話かと思いましたか。

大学に行けなかった人や複数回受験をした人、もしくは資格勉強真っ最中の人からしたら面白くないかもしれません。確かに世間で言う有名私大を卒業していたり、勉強期間は短いかもしれません。

ただ私がこのプロフィールを書いたのは自分が優秀であることを言いたいがためではありません。むしろその逆です。

浪人をしないと合格できなかったことや学生時代に法律を学んでいないこと。独学で短期間で合格できたのは、独学で合格した管理人の勉強法をそのまま真似て取り組んだだけにすぎません。

つまり私はただただ平凡な人間であり、優秀な人間ではないということです。
この行政書士開業部のノウハウは優秀な人でないと真似できないものとして管理人は作っていません。誰でも出来るように書いています。

それを証明するために私はこの記事を書いています。

誰もが感じる開業への不安

行政書士 開業 不安ふとした時に行政書士というワードを検索するとネガティブなフレーズがやたら目につきます。

quote-icon「行政書士は食えない」

「仕事がない」etc

私も受験中は上記のフレーズを見てはガックリしていました。しかし結果的にはやり方次第だなと思うようになりました。それは、管理人が何のコネもなく行政書士の依頼で忙しそうにしていた光景を目の前で見ていたからです。だから私はこのノウハウを使って開業しようと思いました。

 

開業に向けて最初にやる事

行政書士開業 最初 やる事

さて長々と書きましたが、私が実際に取り組んだことを書いていこうと思います。まずこのサイトに書かれている具体的な手順はこの記事では割愛します。サイト全体を一瞥してからこの記事を読むことをお勧めします。

私は2月10日から開業の準備を本格的にスタートしました。管理人に相談した際に言われたことをメモしました。内容は以下の通りです。

 

①モバイルパソコンを買う
②ドメイン・サーバーを取得する
③コンテンツを100~150書く。一記事、1000文字程度。
④バズ部を読む
⑤やりたい業務を5つ選ぶ

 

 

はどこでもサイトを作り更新を出来るようにするためです。作業を進めるのはスタバがおススメらしいです。

が大事で、サイト立ち上げても上位表示されて依頼者に見てもらわなければ意味がありません。言いかえると検索エンジンにこのサイトは多くの人に閲覧される優良サイトだという評価を受けなければなりません

SEOや被リンク数という言葉は聞いたことありますが、コンテンツそのもので検索エンジンに好かれるサイトっていう概念は考えたこともなかったので驚きました。評価されるためには、多くの人に見てもらえるような良いコンテンツを100~150程書くのが1つの目安になるということです。

では良いコンテンツとは何なのかというと④のバズ部に書いてあるとのことです。管理人はコンテンツを書く際にこのサイトを何度も読んだと言っています。私もコンテンツを書く際には心がけます。

は書いてある通りです。何が得意か何が需要があるかは分からないから、とりあえずやってみようという意識だと思っています。

まとめると集客するにはそれぞれの業務のサイトを立ち上げて良いコンテンツを書き続けるということが何よりも大事だということです。

次回に続きます。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る