SEO・PPC行政書士のホームページ行政書士開業ブログ

行政書士のホームページ|あっコピペされた!と怒る前に・・・

行政書士や弁護士や会計士のホームページですと、コンテンツSEOを実行している人はサイト上にじゃんじゃんノウハウを開示していますし、その量も質も大変多くなります。

そこで気になるのがコピペ問題ではないでしょうか。行政書士開業部でも以前コピペされた経験がありますが、正直な話、私個人はコピペに関してはかなり寛大だと考えています。

 

コピペされる理由

コピペされる理由の一つにやはり「一つ一つデータを入力するのが面倒だ」ということがあげられると思います。

行政書士のサイトであれば細かい許可要件や法的な根拠などが表とかになっていることも多く、それを一つ一つ入力していったら大変な時間がかかってしまうというのでコピペをするのでしょう。

また、「この文章は使える!」と思われるとコピペの一つでもしたくなるのが人情でしょう。つまり、それだけしっかりしたコンテンツなのです。

コピペされた心理

ここで誤解をされるといやなのですが、もちろんコピペは著作権法違反ですのでやっちゃあだめです。

そのうえであえて書くと、コピペをされると「ひとが心血を注いで書き上げたコンテンツを無にしやがって」と憤慨する人がほとんどだと思うのですが、私はそこまでおこりませんし、むしろいいコンテンツだと評価してくれたんだと喜ぶ割合のほうが多いです。

いちいち怒っても時間の無駄ですし、もともとの性格もあるのかもしれません。

また、私のサイトはどれもSEOがめちゃくちゃ強いので私のサイト以上のところに表示されるサイトで私のサイトをコピペしようとする人もなかなかいないのかもしれません。

 

コピペをされないための自己防衛

コピペをしてほしくないとサイトでうったえるのは人情として理解できますが、それではそれらのサイトがコピペをされない努力をしているのかといえばそうでもないのが現実です。

例えば、このサイトはコピープロテクションを施してあります。このページも左クリックをしても無反応なはずです。これだけで相当コピペされる可能性は低くなります。

 

ところがほとんどの先生方のサイトはコピペさせ放題のサイトなので、「コピペをしないでください」といえばコピペをしないとでも思っているのかと感じます。

 

それでもコピペされた場合

コピープロテクションを張っても、それでもコピペされた場合、さすがにそれは仕方ないと考えます。

つまりスクリーンショットをつかってそれをコピペしたのでしょう。これをやられたのであれば本当に仕方ありません。その人は私のコンテンツが本当にほしかったのでしょう。

ただ、完コピといって、ミラーサイトのようなものまで用意された場合はさすがに警告するかもしれません。そうなるまでにはまだナン10倍もPVが必要になるのでしばらくは必要ないと思いますが・・・。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る