SEOコンサルティング行政書士開業ブログ

行政書士のSEOコンサルタントをうけた先生の一般的な流れ

私の職業は行政書士ですが、もともとワードプレスとSEOの経験があったのでそれをウェブ集客に興味のある先生方にコンサルタントという形で提供しています。

サイトは全てコンテンツSEOを主軸に集客しています。すべて私が作成し、狙ったキーワードはほぼ100%上位表示させています。

さらに私がコンサルタントした先生方のサイトも成果を出していて、おそらく開業部を見たことがある人はほとんど私が携わったサイトコンテンツを見たことがあると思います。

 

今までの士業のweb集客はサイトを設定したらそれで終わりか、もしくは業務日記程度のクオリティでしたが、それでは検索ユーザーの潜在心理をとらえていません。

検索ユーザーの潜在需要をマーケティングし、それにドンピシャのコンテンツを提供し、サイトロイヤリティをあげ、その結果上位表示される。これが開業部の考えるクオリティです。

 

ここまでのクオリティをもとめるとなると当然サイトコンテンツは手抜きができません。そのため士業のコンテンツSEOは先生方自身が書かなければ意味がないと思っています。

外注に回して行政庁の二番煎じのようなものをコンテンツだと思っている人が多いのですが、それでは行政庁のサイトに信頼度という面でかなうわけがありません。

現在は業界のコンテンツ全体のレベルが低いので中身のない低品質なスカスカコンテンツでもまだいいかもしれませんが、あと5年もすれば見向きもされなくなります。

 

上質なコンテンツとは、そのコンテンツにたどり着いた人の思いや苦しみや焦りを的確にとらえ、そのうえで最良の解決策を詳しく提示し、わかりやすく、読みやすいものです。そんなコンテンツがあれば検索ユーザーは放ってはおきません。

こうなるとその分野のオーソリティになるようなものですが、開業部のコンサルタントはまさにそこを目指しています。

 

このコンサルタントは一からコンテンツSEOで資産型のホームページを作成できるようにサイトのおおわくを私が作成し、コンテンツメイクをどうすればいいのかをわかるまでレクチャーします。

上質なコンテンツさえ作れればSEOは後からついてきますので余計な技術は特に教えません。最初のグーグルの設定は私がやりますがそれも教えてほしそうであれば教えますが、すでに開業部のコンテンツですべて紹介しています。

先生方にとっては面倒くさいとは思うのですが、私はコンテンツの作成こそがウェブ集客の全てだと思っているので精神論は粘り強く説明します。なかみがスカスカですとコンテンツもスカスカになってしまうからです。

 

コンテンツメイクを始めた先生方がたどる道

簡単にコンテンツとは言いましたが、新人の先生方は文章を書いたことがない場合がほとんどなのでどこから説明すればいいのかを探ることになります。

一番多いのはブログ程度は扱ったことがあるというケースです。この場合はタイプ打ちはできるのでワードプレスの説明とコンテンツの重要性を説明するところから始まります。

 

中にはアメーバとかのブログでならした先生ですとコンテンツなのか日記なのかの区別がついていない場合もあって、その場合は遠慮なく修正します。

コンテンツSEOの場合はワラにもすがる思いで検索している人に対して個人的な日記みたいな出だしは失礼です。つめたく聞こえるようですが検索ユーザーからしてみれば先生の個性とか意見はどうでもよくて、ユーザーの知りたいことがいかにわかりやすく丁寧に書いてあることが重要だからです。

ただこういうパターンはまれで、多くはブログもほとんど書いたことがないのでいきなりコンテンツといっても3行かくまでに1時間かかるということもざらです。

 

まれにパソコンをほとんど扱ったことがない人からの問い合わせもあるのですが、どうやって開業部に親近感を持つようになったのでしょうか?不思議です。依頼にはならなかったですけど。

 

 

 

期待値をあげすぎない

canvas

ワードプレスのあつかいそのものは私のほうで操作しやすいようにカスタマイズしますし、もともとそれほど難しいものではないので今時の試験に合格する先生方ならほぼ100%2週間もあればできるようになります。

しかし、ではすぐにコンテンツがすらすら書けるようになるかといえ話は別です。

コンテンツをこれから書こうとする先生方が抱える悩みは大まかに言って次のようなものです。

・書いたはいいが、とても公開できるレベルには達しない

・私にダメだしされていつになったら上達するのかがわからない

・まちがった情報を載せてしまうのが怖くてすすまない

これらの気持ちを抱くのは当然だと思いますが、もとをさぐると”完璧なものを仕上げたい”という気持ちからくることがほとんどです。

しかし、サイトを立ち上げた段階ではだれも見ていないのでそもそも恥ずかしがる必要もありません。

毒舌に聞こえると思いますが、グーグルは最初の3か月程度はお試し期間なので新規ドメインは相手にしていません。この期間をもったいない期間ととらえるのか、失敗の許される新人期間だととらえるかでずいぶんと気持ちも変わってくると思います。

アイコン はてなかんがえてみれば、完璧なコンテンツはこの世には存在しないですし、どれだけ思いを込めて渾身のコンテンツを作成しても1年たって見直してみるとまったくのダメダメだったなんてこともあります。
そういう意味ではまずは完璧にやろうとせずに、とにかく先に進むというスタンスをとれる先生のほうが伸びる気がします。

 

サイト作成をすすめる

サイト作成といってもデザインは私がやりますので先生方はコンテンツを作成すればいいことになります。というか最初からデザインは無理です。

また、ページの配置とかトップページのイメージ画像も私が作成します。先生方の写真をもとに作成する場合もあればイメージに合うものがあればそれをもとに作ることもあります。

もちろんある程度すり合わせて意見を聞いたうえで作成しますし、アベレージよりも相当うえのものを提供しています。

デザインとかトップ画像はこだわっても意味がありませんし、あまりこだわるとコンテンツメイクまで行きつかないのでそうなりそうな場合は最初に断ります。

 

コンテンツメイクはある程度のレベルに行き着くまで、早い先生で1か月、遅くても2か月あればなんとなくのコツがつかめるようになってきます。

この段階で100点を目指そうと思っていたり、ほかのサイトから学ぼうとする意志が弱いと成長はしませんし、最悪な場合脱落します。

最初はコンテンツメイクが終わると必ず私がチェックし、言葉の選び方とか全体の流れとか見せ方を指摘して、ウェブライティングから見た場合の注意点などを伝えます。

すると最初はダメ出しばかりだったのが2~3回繰り返すとダメ出しをする箇所が少なくなり、そうなると内容の良し悪しのレベルの話になります。これが一つの中間ポイントです。

 

一般的なPVの推移

 

canvas

通常は3か月で100PVを目標にコンテンツ作成をすすめますが、建設業許可や創業融資などの超メジャー業務はこうはいきません。

メジャー業務は競争が激しいのでなかなかこうはうまくいきません。ただそれでも半年あれば何らかの成果が見え始めます。

逆にマイナー業務だと成果が見えやすいのですが、もともとの需要がないから競合が少ない⇒成果が出やすいということでもありますので最終的にマネタイズできません。

何の業務を選ぶのかは大事なのですが、そこに関しては深いところまで話を聞いたうえでアドバイスするようにしています。

 

先生方の成長は早い

もともと開業部のコンテンツはスパルタですし、わからなかったらどうぞ他の射幸心サイトをご利用くださいというスタンスなので、それを良しとして依頼してくださる先生方のモチベーションはめちゃめちゃ高いです。

私の言うことも素直に聞いてくれますし、スポンジのように吸収するので成長ははやく、3か月もあれば私は言うことがなくなります。

いうことがなくなるというのは、最低限の体裁があって、自分のコンテンツが書けるようになるというレベルに達したということです。

ここから先は私は意見は言いませんし、意見と意見のぶつかり合いは不毛だと思っているのでよほど道をそらした場合以外は見守るスタンスをとります。

この段階ですと連絡は1か月に一回程度でアクセスの報告を受ける程度になります。そして半年もすれば先生方はサイトから依頼が入るようになり実務が忙しくなるので私の役目は終わります。

 

 

先生方との信頼関係

開業部のコンサルタントを依頼する先生方は、すでに何度も開業部のコンテンツを読み込んでいる人なので私の人となりはある程度理解してくれています。

開業部のコンテンツは私がそれこそ魂を込めて送り出しているので商業的な下心はありませんし、これが私のスタンスの全てだと思ってくれていいと思っています。

そのため依頼をくださる先生方との信頼関係は大変に良好で、先生方の成長は自分のことのようにうれしく感じています。

ただ、なれ合いはそもそも嫌いですし、いつまでたっても私が”先生方の先生”ではいけないとも思っています。

コンテンツ作成の話をこえて実務の話が中心になった段階で私の役割は終わりで、その後は友人関係に昇華できるのが理想ですね。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る