マーケティングライティング行政書士のホームページ行政書士実務行政書士開業ブログ

すでに無料ブログをはじめてしまっている場合の判断基準

行政書士開業部ではさんざん「行政書士のサイト構築は独自ドメインで」ということを言い続けています。すでに日記や開業までの段階でアメブロなどのフリーブログで結構な記事数を書いていることは決して珍しい話ではありません。

アメブロの批判になってしまいますが、アメーバはドメインパワーが強いので早くから上位表示されやすいですし、エディタも優れているのでそれこそ年少者でも使いこなせる容易性があります。

しかし士業の先生方がこれからスタートさせるにはメリットよりもデメリットのほうがはるかに大きいことをここでは説明します。

あなたがすでにフリーブログを始めているのであれば悩ましい問題ではあると思いますが、ぜひご参考ください。

無料ブログのメリットとデメリット

メリット

アメブロやシーサーブログ、FC2などの無料ブログでとりあえず記事を投稿する行政書士の先生は多いと思います。なんといっても無料ブログは使いやすいので手っ取り早く自分の存在を知ってもらうのにはいいと思います。

さらに、例えばアメブロであればアメブロ本体からバックリンクがつきますのでブログを始めた当初からSEOが強く、キーワードによってはすぐに上位表示されることも少なくありません。このメリットは全く否定できません。

 

デメリット

一番のデメリットはやはりブランディングの上では限界があるということでしょう。その業界のオーソリティーがいつまでもアメブロを使っているというのは業界そのものも残念に思うでしょう。

また、最終的に多数の検索トラフィックを得るようになった場合に、レイアウトを自由にできないというのもあります。業種にもよりますが行政書士の業務ブログですと300~500程度のPVは望めます。そのトラフィックを無料ブログの枠で限界を決められるのはもったいないことです。

(無料ブログのアクセス解析で、PVは本体のドメインからのクロールも相当数あるため、アメブロやシーサーブログ、FC2ブログのアクセス解析は、まったくあてになりません。ご注意ください)

 

著作権が自身にない(管理会社に帰属する)

また、規約をよく読まずに安心しきっていることもあると思いますが、例えばアメブロだと、著作権は全て運営会社のサイバーエージェントに帰属しています。

kiyaku

これは何を意味するかというと、サイバーエージェントが倒産した場合にコツコツ書いた記事は全て無駄になっても文句は言えないということです。

最近ですとFC2ブログがアダルト規制で警察権が介入したというニュースがあったと思いますが、FC2ブログも同様ですので全く安心はできません。

 

すでに無料ブログでどっぷりはまっている場合

トップ記事のところにリンクを張ることで対策する

たとえばアメブロでトップ記事のところにリンクを張っておくことでヘビーユーザーや先生方本人のファンであれば必ずリンク先へ飛びます。

link

ですが、すでに無料ブログで相当数のロングテールSEOがあると思いますので、その部分はなくなることを覚悟したほうがいいと思います。

 

 記事数が100未満の場合は迷わず無料ブログはやめる

記事数が100未満の無料ブログは、こう言っては大変失礼ですがウェブの世界では価値がないに等しいブログです。もちろん一つ一つの記事の質が高ければ例外もあるかもしれませんが、たいてい質の高い記事を書いているブログは数もあるものです。

2日に一回更新するとして100記事というのは半年もあれば達成します。初めて半年もたたないで達成できるブログであれば、迷わずに新規ドメインで作り直したほうがいいでしょう。

 

PVが200未満は、無料ブログをやめる

先ほど説明しましたが、無料ブログは親ドメインからのクロールがあるため通常のPVよりも相当高い数値を示しています。

その為、例えばトラフィックが一日に200だとすれば、いいとこ純粋なPVは100程度で、残りは自動クロールです。

また、純粋なPVが100としても身内が何割かいると思いますのでコンバージョンには結びつきません。

 

まとめ-仕事をした気になるのが一番のデメリット

ブログを更新していると、仕事をした気になってしまうのですが、無料ブログだと完全に自分のものではないのではっきり言えば仕事にはなっていません。

私から見て無料ブログで本当に成功したと思えるブログはいいとこ2~3つです。その先生方も、おそらく著作権が自分にないということはご存じないと思います。

すでにトラフィックが一日に300以上ある場合はもったいないので続けるのは仕方ないと思いますが、そうでない場合ははやく独自ドメインでこつこつブログを資産化したほうがいいでしょう・


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る