事務所代表 前場亮 ご挨拶

BCABCAACA4B9

 

1973年7月11日生まれ。

行政書士前場亮事務所の代表。

一般的な許認可業務に加えてウェブマーケティングの手法を用いて士業のコンサルタント、売り上げに直結するホームページの作成とそのアドバイスも行う。

専門業務は風営法航空法道路法。これらすべての業務に影響力の大きなサイトを運営する。

 

2014年まで飲食店も経営。ワインも得意で30歳のときにソムリエとして

キュヴェルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝する。

ワインの総合メディアサイト「ワインの教科書」の管理人でもある

ワインの教科書はこちら→

高品質ワインの通販サイト「ワインブックス」も経営しております。

ワインブックスはこちら→
 

ウェブ集客は、簡単になった

「行政書士は食べていけない」

この言葉のおかげで行政書士は法律の学習者にとって大変にイメージの悪い職種だと言えるのではないでしょうか。

難しい試験にやっとの思いで合格してもその先が見えないのであればこのようなイメージは当然だとも思いますが、私が独立した後の道のりはこのイメージとはかけ離れたものでした。

行政書士会に登録をしてホームページを作り、少しのPPC広告を出しただけで3日後には一件目の問合せと申し込みがあり、その二日後には別の業務で申し込みがありました。

経験がある方はわかると思いますが最初の一件目は職務上請求での住民票の取り方すらわからずに「本当に他人の住民票が取れるのだろうか」と前日眠れなかったのを覚えています。

 

今思い返すと笑い話のようですが、大事なのはまずは経験です。

経験があるから失敗もできるし成功もできる。さすがに失敗ばかりではいけませんが、経験がなければ成功は絶対にありえないというのは誰でもわかることだと思います。

 

このサイトでは、その重要な「経験」をどうやって積むのか、つまりどうやってゼロから集客するのかにこだわって、その手法を包み隠さずにすべてご紹介しています。

もちろんここでご紹介する手法は基本的にすべて無料ですし、インターネットの環境さえあればだれにでもできるものです。

 

ワードプレスの出現によって今まではプログラマーなどの限られた特権的な一部の人にしかできなかったホームページの作成が誰にでも簡単にできるものに変貌しました。

また、SEOもグーグルのペンギンアップデートやパンダアップデートによって以前までの手法で大量の被リンクを張るなどの”大資本が多額のお金をかければ上位表示”の時代は過去の話です。

しっかりとコンテンツを積み上げることにより、仮に小資本であったり実績がなくても利用者にとって本当に価値のあるサイトであれば上位に表示されるようになったのです。

 

これは何を意味するのでしょうか?

 

つまり、特殊なインターネットの知識はなくても自身の経験をフィードバックする熱意さえあれば上位表示は可能ですし、上位表示されれば当然そこからの集客も可能です。

その道のりは単純にやるかやらないかの違いでしかないということなのです。

 

 

経験もコネもお金もない、というのは、あなただけではありません。もちろん、私も開業当初はそうでした。

いいことばかりではありません。時にはプレッシャーでつぶされそうな時もありました。

いいとこどりをしているようなスタンスは、私はとる気はありません。私もそれなりに苦労はできたほうです。

 

行政書士開業の目的は人それぞれですが、目的達成の一つが当サイトの推奨する手法なのだととらえていただければ幸いです。

 

皆様の行政書士の開業が大成功することを願ってやみませんし、その一助になることを切に願っております。

 

行政書士 前場亮

 

行政書士 前場亮事務所 データ

 住所  107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7赤坂レジデンシャル534
 電話番号  03-6679-2278
 代表者  前場亮(東京都行政書士会 港支部所属)
 取扱業務  各種許認可・士業コンサルティング

 

お仕事のご相談はこちらかどうぞ。サイトへのお礼はご遠慮ください。

業務提携のお話は受けていませんので他の事務所様をお探しください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文