ライティングワードプレス行政書士開業ブログ

行政書士の基礎ワードプレス①投稿する

「いろいろSEOのこととか書いてあるけど、そのまえにワードプレスがわからない」という行政書士もたくさんいるだろう。現実にワードプレスがある程度自由自在に操れる行政書士は10%程度ではないだろうか?

 

これからの行政書士のホームページはワードプレスが主流になるだろう。ここでしっかりと基礎をマスターして、他の行政書士に差をつけよう。

 

ダッシュボード

1

ワードプレスにログインするとまずはダッシュボードが表示される。

ここで「投稿」をクリックしよう。

 

2

クリックすると上のような画面になる。ここで「新規投稿」をクリックしよう。

 

投稿画面

3

投稿画面はこのようになる。赤枠の中はページの題名になる。少し詳しくなるがこの題名はそのままh1タグになる。

h1タグはSEO上非常に重要なので、この題名に必ずSEOキーワードを入れよう。

 

カテゴリー分け

6

赤枠の中はカテゴリー分類になる。もちろんこれらも加筆修正が可能だ。

注意してもらいたいのは、カテゴリーもSEOに大きな影響を及ぼすので不自然にならない程度にSEOキーワードをちりばめよう。

このサイトでは行政書士にウェブマーケティングやワードプレスやライティングを伝えたいと考えているのでこれらの言葉が並んでいる。

 

ビジュアルエディタ

5

ワードプレスを導入したばかりだとここが非常にシンプルなものになるが、Tiny MCE Advancedをインストールするとビジュアルエディタがアメブロなどの無料ブログなみに便利になる。

Tiny MCE Advencedに関しては近いうちに攻略のページを作ろうと思っている。是非楽しみにしてもらいたい。

 

 

ビジュアルとテキスト

7
ビジュアルとテキストのところは上級者向けだろう。

ビジュアルで入力した記事が、テキスト欄だとhtmlにきちんと書きかえられて表示される。

 

開業部では、例えば文字を枠で囲ったり、さらにそのなかに画像を差し込んだりなどの作業はビジュアルエディタでは対応しきれないので直接テキストに書き込んでいる。

 

まとめ

ワードプレスさえ自由自在に操れるようになれば、行政書士の集客力は飛躍的に向上するだろう。レンタルサーバー代もふくめてサイトを何個作ろうが一年間で1万円程度で済む。

 

さすがにいきなりコーポレートサイトを作ろうとするとハードルは高いかもしれないが、まずは日記程度でいいので始めてはいかがだろうか?


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。