SEO・PPC行政書士実務行政書士開業|成功の可能性を最大化する技術と知識のすべて行政書士開業ブログ

行政書士の個人ブログの本質

このサイトでさんざん行政書士の個人ブログをネガティブに伝えているので誤解されていると思いますが、私は「行政書士は個人ブログをやるんだったら別ドメインで」といっているのであって決して全否定しているのではありません。

 

行政書士の個人ブログ

アメブロで十分

一般的には行政書士が開業独立をすると、ネット集客はまずはブログから始めることが多いと思います。また、もともと個人的にやっていたブログをそのまま使うということもあると思います。

行政書士の先生が個人的なブログをやるのは別に悪いことではないし、メインサイトから依頼をしようとする人が「この先生はどういう人柄なんだろう」という場合もあると思います。

その場合は無料ブログのほうがいいと思います。独自ドメインでやると3か月はアクセスは集まらないのでブログそのものがいやになってしまいます。大手無料ブログはもともとのPRが高いので最初からアクセスも伸びやすいと思います。もちろん、有名なアメブロで十分です。

ブログの目的を見失わない

行政書士の先生の個人ブログは全く問題ないと思いますが、一番いけないのが最初は個人的な日記を書いてたのがいつの間にか色気が出てしまい、そこで集客をしようとする心が芽生えてしまうところです。

たとえば、たまたま趣味で始めたアメブロが、アクセスが100を超え「ここから集客できればひと月に10万円になるかも」と考える気持ちはわかりますが、そのアクセスのほとんどは同業者です。依頼人のゾーンとはそもそもトラフィックが違うのでまったくあてになりません。依頼人のトラフィックをコツコツ積み上げるしかないのです。

ブログはあくまでも個人的な日記ですので依頼人は決してブログだけで依頼をしようとは思いません。かならず集客はメインサイトでし、ブログだけで集客をしようとは思わないことです。

 

メインサイトのドメイン内に個人的な日記は乗せない

また、メインサイトを既にお持ちの場合でも、そのドメイン内で個人的な日記を書くのはやめたほうがいいでしょう。書くのであれば業務日誌程度にして、メインサイトの記事はユーザーにとって有益な記事に絞らないとサイトそのものの価値を下げます。

グーグルは一点集中型の専門サイトを上位表示させたがります。ドメイン内で個人的なブログを書くと、法律上の言葉以外にどこ行ってあれ食ったみたいな食べ物や観光のワードがどうしても出てきてしまいます。そうなるとグーグルが何のサイトなのかがわからなくなり、結果的にサイトの価値を下げます。

 

SEO的にみると

個人ブログを別ドメインでやることについては、SEOとしても悪いものではありません。いわゆるサテライトサイトとしてリンクを張ることでクロールの巡回を促します。バックリンクとして活用するのです。

ただし、サテライトサイトとしてみるとしても、そのブログはしっかり更新し続けないとペラサイトだと判断され、リンクそのものが評価を下げる可能性がありますので気を付けましょう。

 


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る