SEO・PPCライティングワードプレス行政書士開業ブログ

行政書士のブログ|独自ドメインか大手無料サービスかを選択するポイント

行政書士がウェブ集客をしようと思って一番初めに考えるのはブログだろう。ただ、最近はブログといってもワードプレスで作成した企業のホームページ顔負けのものもあるし、単純に今までの「ブログ=気軽」のイメージとはかけ離れたものも多い。このサイトもワードプレスで作ったブログの一種だ。ここでは無料の大手ブログと独自ドメインのどちらが行政書士にはいいかをご紹介しようと思う。

 

 

結論から言えば、行政書士のウェブ集客を考えた場合、独自ドメインを用いたほうがはるかにいいだろう。ただ、「大手無料ブログのほうがSEOに向いている」との意見も根強い。そこで、独自ドメインを用いるメリットとデメリット、大手無料ブログを用いるメリットデメリットをまとめてみようと思う。

 

大手無料ブログのメリットとデメリット

大手無料ブログのメリットは、もちろん無料であるというところが一番だが、それ以上に誰でも気軽に始められるという敷居の低さだろう。敷居が低いのは本人だけではない。読む人も気軽に読めるということだ。

そのため、日々の個人的な日記をつけるのには最適だろう。その人個人にフォーカスして「私はこういうひと」ということをアピールする場合などだ。逆に個人ブログを独自ドメインでやると「なにを堅苦しい」となってしまうだろう。

 

デメリットは、その気軽さからか、堅苦しい内容のものや商売っ気のある内容にはなじまないということだろう。

行政書士に依頼をしようとする人は、何かしら困っていたり、あるいは自身で勉強してもわからないから専門家に頼もうとする人たちで、基本的にはほとんどの場合は真剣だ。真剣に困っている人が気軽さがウリの大手無料ブログは最初から信用はしないだろう。

 

 

「大手無料ブログはSEOに有利」はウソ

独自ドメインを取得すると、中古ドメインを用いるなどの特別な場合を除いて何の後ろ盾もない状態でサイトを運営することになる。そのためグーグルからしてみれば「新参者がよけいなことするなよ」という気持ちも起きやすい。

しかし、大手無料ブログは、アメブロだったらサイバーエージェント、楽天ブログだったら楽天などの後ろ盾がすでにあるので 全くの新参者とは言えない。そのため同じ記事であれば全くの新規ドメインよりも無料ブログのほうがサイトの立ち上がり時期は確かにSEO的には有利に映る。

 

では、実際に有益な大手無料ブログが検索で上位に表示されているだろうか?答えはもちろんノーだ。

1

「交通事故 行政書士」で検索しても、1ページ目のどこにもアメブロはおろか無料ブログはどこにもない。これは、やはりコンテンツそのものの力の入り具合が独自ドメインに集中していることのあかしだと思う。

執筆に同じ力を注ぐのであれば独自ドメインでやろうというのは自然な流れだろう。その蓄積がユーザーは敏感に反応し、そしてSEOに反映されるのではないだろうか。つまり、大手サイトの後ろ盾よりも、そのコンテンツ次第だということになる。

 

1ドメイン4ページのルール

たとえば、ヤフーやグーグルで「焼肉 東京」で検索してみてほしい。

1ページ目はぐるなび4件、ホットペッパー2件、食べログ3件だった。では2ページ目だ。

2

2ページ目にはぐるなびもホットペッパーも食べログも一件もない。通常であればこれらの大手サイトはSEOに強いので何ページにもわたって上位を独占すると思うだろう。ところが現実は違う。様々なドメインが並ぶのが上の図からわかるだろう。

これは、グーグルの検索は”1ドメイン4ページのルール”といって一つのドメインが検索上位を何ページも独占するとユーザーは情報をまんべんなく取得できなくなるので一検索での表示は1ドメイン4ページまで(条件によって5ページになる場合もある)、となっているのだ。

そのためアメブロだったりFC2ブログだったりでも4ページまでしか検索表示されないのでたとえばロングテールSEOなどでの集客を考えると、例えばあなたのサイトがアメブロであれば最初のほうに4ページをアメブロの別のページが表示されると、あなたのサイトは一切表示されなくなる。ここが大手ブログが不利という最大のポイントだ。

この”1ドメイン4ページのルール”は、あまり知られていないことなので、ぜひ興味を持ってほしい。

 

独自ドメインのメリットとデメリット

独自ドメインを用いる一番のメリットはもちろんブランディングだ。

ameblo.jp/gyouseisyosi-kaigyou.jp

よりも

gyouseisyosi-kaigyou.com

のほうが何となくかっこいいだろう。この「なんとなく」は大きい。あなたが長くそのブログを続けようと思ったらなおさらだ。ブランディングは、「なんとなく」の積み重ねなのだ。

 

 

もちろん独自ドメインは有料だという最大のデメリットがある。だが、ドメインを取得してレンタルサーバーで運営しても、年間3000円程度だろう。

それから「わかりにくい」「どうやって独自ドメインを取得していいかわからない」という問題もある。そこは、このサイトで近々わかりやすいページを用意するのでその日まで待ってほしい。

 

まとめ‐できれば独自ドメインで始めよう

これは、あくまでも私の個人的な意見なので参考程度までにしてほしいが、行政書士でネット集客を本気で考えている人が大手無料ブログしかやらない、という図式は考えにくいと思う。つまり、あなたが本気でウェブ集客を考えているのであれば、いつかどこかで独自ドメインを持つということだ。

少なくとも独自ドメインのプラネットサイトがあって、そのサテライトサイトに大手無料ブログがあるというのはわかるが、プラネットサイトに無料ブログを使うというのはさすがにユーザーからすれば「こんなに気軽にやってていいのだろうか」と不安になってしまうのではないだろうか?

 

あなたが真剣にウェブ集客を考えているのであれば、いつかは独自ドメインを取り入れてほしい。


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。