SEO・PPCマーケティングライティングワードプレス行政書士のホームページ行政書士開業ブログ

モバイルフレンドリーアップデートにみるグーグルのスタンス

 

4月21日に実行されたモバイルフレンドリーアップデートですが、皆様のサイトはどのような動きをされましたでしょうか?

実際にはグーグルの発表ではアップデートが検索順位に反映されるのは4月21日から1週間程度かかるとのことですから静観したいと思います。

僕の運営するサイトはほとんど変化はありませんが、ネット全体では相当な変動があったようです。namaz.jpによると大変動となっています。

namaz

ところで、今回のモバイルフレンドリーアップデートを単純に”グーグルが順位変動に反映させるから対応させなくちゃ」”と思っているだけだと今後もグーグルの後手後手に回ってしまうので、なぜグーグルはモバイルフレンドリーを導入したかを考えてみました。

 

モバイルフレンドリーアップデートのポイントは、PCサイトのみのデザインを凝ったサイトよりもスマホでの表示が最適化されるほうを選んだということです。

 

もはや見た目はどうでもいい

Screen Shot 2015-04-07 at 2_20_01 AM

 

単純に考えてみればグーグルはまだ文字での評価しかできていなくて、画像から「これはいいコンテンツだ」と判断するには至っていません。アダルトサイトの判別でヌードかそうでないかくらいはわかるらしいのですが、精度は高いとは言えないようです。

 

考えてみれば画像をグーグルが判断するようになるのは芸術に対して偏見を持つことにもつながりかねませんし、それこそ画像や動画には趣味嗜好がもろにあらわれますので仮に踏み込むことができても深くは踏み込まないのではないでしょうか。

そういう意味では、デザインとか見た目のかっこよさはいまのところどうでもよくて、内容(文章)で勝負できる時代だということでしょう。

 

アイコン 虫眼鏡もちろん、デザインが優れているとユーザーの滞在時間やリターン率に関係してきますから一概に無視できるわけではありません。

 

一昔前では上場企業のコーポレートサイトでもファーストビューが派手な動画で音楽が強制的に鳴るようなサイトも見受けられました。これはこれで目新しかったのかもしれませんが、最近はそのようなサイトは押しつけがましいためユーザーに嫌われ、その結果上位表示されなくなりました。

モバイルフレンドリーを導入することによって、PCサイトならではの凝ったデザインは「もういいでしょ」とグーグルは背中を押したのです。デザインよりも中身で勝負しようやということです。

 

 

誰にでもオーソリティーになれるチャンスがある

例えば行政書士の分野で言えば、どの業務も魅力的なコンテンツが満載のサイトがひしめき合っているというわけではありません。条文や要件の書き写しだったり過去の記事のリライトだったりするようなコンテンツであれば、信頼性という面では行政庁のページにかなうわけがありません。

にもかかわらず「この許可はこういう要件が必要で、申請してから約30日で許可になります」みたいなことをずらっと並べてもユーザーの心理にはリーチしません。

これから許可をとりたいと願うユーザーはどういう人生を歩んでいまどういう状況なのか?どんな心理なのか?を無視して法律家の一方的な意見を押しつけてもユーザーは決して評価しません。

 

あなたは「行政書士のサイトで上位表示を狙おうと思っても、既存の先生方のサイトがたくさんあってその中に割り込めない」と決めつけていませんか?

しかし、先行する先生方のサイトのほとんどは保守的なツッコミどころのないサイトばかりで困っている人の心理に直接リーチするものではないのです。私から見ればチャンスに映りますが、いかがでしょうか。

 

努力している人が報われる数少ない場

HNCK2574-1300x866

モバイルフレンドリーアップデートを導入する、というのはどういうことでしょうか?かっこばかりつけてデザインばかり気をとられているサイトよりも、見やすくてもっと読みたくなるような情報が満載のサイトのほうが評価がされるということです。

ひとは、通勤時間の満員電車の中でも、コンビニで順番を待つときでも、どんな時でもスマホを手放さなさずに絶えず情報を求めています。

その人たち一人一人にむけて粘り強くコンテンツを提供すれば、それは必ず検索順位に反映する。いまはそういう時代なのです。

 

 

まとめ あなたが決裁者であれば、なお一層有利

多くの企業や事務所にとってはサイトは看板のようなものです。そのため一字一句が勝負であり、大企業などはサイトのほんの些細な表現が反感を買い売り上げに響くこともありえます。

 

ユーザーからみれば、情報がしっかりとしているのであれば、情報元が大手企業なのか小さな事務所なのかはどうでもいい問題です。大手企業はサイトの文言を書くのに大勢の決済が必要ですから、規模の小さな先生方のサイトのほう小回りが利いて有利だともいえます。

あなたが決裁者なのであれば、グーグルの意図を読み取り、潜在ユーザーの知的欲求にこたえるコンテンツを積み上げましょう。

 

 

 


開業やウェブ集客のご相談はフォーラムへ




↓”いいね”をお願いします!↓

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。 士業向けのコンテンツSEOでの集客のコンサルタントも務める。
行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)

LINEで送る